Blogツーリングの記録

9月末の、あだたら高原美術館でのグループ展。

せっかくの機会なので、そのままバイクで磐梯吾妻スカイラインを走り、三春の「えすぺり」に久しぶりに立ち寄り、国道4号を北上して八戸まで行ってきた。

 

東北へ行けるチャンスは少ないので、ここ数年の福島県での展示機会を頂いた「えすぺり」にも寄りたかったし、もっともっと東北を感じてみたかった。

ぼんやりと幾つかのプランが頭の中にあったが、天気予報を見て気ままに走って、適当に宿を決めた。

 

img_4996

磐梯吾妻スカイライン。この日は確か日曜日ということもあり、バイクが多かった。

僕はバイクでどこかに行く時は平日が多いので、浄土平の駐車場に沢山のバイクがあって驚いた。

土日にツーリングする人たちは大変そうだけど、行った先に活気があるのは良さそうだ。

img_4985

 

前夜の雨も上がり、素晴らしい景色の中を気持ち良く走れた。

以前から走ってみたかったので満足しつつも、次の機会には周辺もゆっくり走ってみたい。

 

img_4963

午後は野菜とパンの店「えすぺり」まで。

2014年の展示の際に訪れて以来。今年もグループ展「Vitamin3」でお世話になった。

大河原さんご夫婦にもタイミング良くお会いできた。ご夫婦の温かさと、お店の心地よさが本当に気持ち良い。近所のちびっ子たちがアイス?を買いに来たのか集まっていた。

いつまでも地域の希望であってほしい。

頼まれていたお米と、お土産を購入。また遊びに行こう。

 

夕方近い時間から北上。

翌日も北上するか、太平洋側か日本海側へ行くか。ひとまず仙台より北へ行けば翌日も動きやすそうな気がしたので、国道4号で大衡村というところまで行き泊まる。

初めての宮城県はもう日が暮れていたが、ゆるやかな峠を250ccのバイクでトコトコと越えていくのは気持ちが良くテンションも上がる。

 

 

img_4919

翌朝、目が覚めると雨が降っていた。帰ることも含めて考えながら天気予報を見ていると、北上すると降られそうにもなかったので北上することに。この日も国道4号。

出発して1時間ほどは降っていたが、その後は晴れてきて暑かった。

長い長い国道4号だが、山々が見えると意味もなくテンションが上がる。

写真にはないが岩手山がいきなり見えた時にはテンションもMAX。美しい。

写真を撮らなかった自分にはガッカリだが、いつか岩手山に行ってみよう。

青森が近づいた頃には日も暮れ始め、八戸に着いた時にはすっかり夜だった。

 

img_4994

泊まったホテルにもう1台バイクが。

同じような小さなバイクで、一緒に旅をしてるっぽくてこの写真は気に入っている。遠くから来たのかと見てみると地元ナンバーでショックを受ける。

青森県まで来てしまった。

img_4993

東北は福島に何度か行ったことがある程度だったので、どこも魅力的に思えた。

行く前に漠然とだが太平洋側に行ってみたいとも思っていた。

福島県での展示のきっかけは東日本大震災で、原発被害とは違う被災地を訪れるべきなのではと。

img_4942

img_4944

結局、天候等を考慮しつつ、可能な限り北上した太平洋側の八戸がゴールとなった。

僕が訪れた最北の地。

お参りをして、おみくじを引く。大吉。

帰る。

 

僕の訪れた最北の地から、250cc単気筒の非力なバイクで一気に高速で南下し茨城の実家まで。

修行。

天気予報では岩手から宮城あたりで雨に降られる感じだったが、幸いにも常に雨雲の切れ間にいたようで長い距離を降られずに帰って来れた。

翌日に神奈川の自宅に戻り、出発してから1759kmのツーリングを無事終える。

 

バイクには何年も乗っているけど、こんなに長い距離を走ったのは初めてだった。

乗り出してから4年くらいになるCBR250R(MC41 -2013)は良く走ってくれる。

250ccと小排気量で単気筒だが、高速道路でもカウルのおかげもあり普通に走るには十分。とは言え、今回ほどの長距離だと修行の様でもあり、追い越しの際に気を使う場面がある。

 

8年ほど乗っていたCB400Fourはかっこいいバイクだったが、CBR250Rはカワイイ感じだ。

なのに不思議と遠くへ行ってみたくなる。

 

来年も遠くまでツーリングできたらいいなぁ。

 

良いお年を。

img_5134